海月の本棚。

BL小説とBL漫画の感想を書いています。

天使の啼く夜 高岡ミズミ

久しぶりの再読。内容ほぼ忘れていたのでまるで初読みのような面白さでなんだか得した気分になりました。

あらすじ

21歳の伊佐秀和は、女に追い出された日、田宮知則に拾われる。人材派遣会社を経営する田宮と同居するかわりに、行儀作法を叩き込まれる伊佐。目的を知らされず面白くない伊佐に、顔のよい男なら誰でもいいと田宮はそっけない。苛立つ伊佐は田宮を組み敷き身体を繋ぐ。やがて田宮の悲壮な決意を知り、伊佐は次第に田宮に惹かれていくが……。

 

 

 

 

 

 

 

【感想】

現代のお話を話を読みたくて久々に再読。この頃の奈良先生の絵も大好き。

伊佐は女のヒモをして自堕落な生活をしていて田宮に拾われる。田宮が伊佐を拾った目的も、桐島の存在もなかなか明かされないので、話が気になって一気読み。

田宮は復讐のために伊佐を利用して使い捨てるつもりだったから、伊佐に興味なんて示さない。たとえ身体を繋げたとしても目的のためなら手段は選ばない。田宮の頑なな意志の強さが田宮の本当の気持ちを見えにくくしていて。

 

 

この人の本当の気持ちはどこにあるんだろう?目的はなんなの?って伊佐じゃなくても知りたい。そんな気持ちで一気読み。あと桐島って格好いいよなぁと思った。桐島の話も完全に忘れているので、読み直したい。

 

 

田宮は伊佐を軽蔑しない。同情もしない。伊佐など、野良犬程度にしか思っていないのだ。冷たく伊佐を見下す瞳を見ていると、自虐的な気持ちとともに凶暴な衝動も湧き上がる。田宮をどうにかしてやりたい。足元に跪かせてやりたかった。

 

 

 

↑田宮の素っ気なさが、伊佐をこんなに凶暴な気持ちにさせるのに、最後は甘い。わりとのほほんな未来が見える終わり方で。そこも良かった☺

っていうか、ドラマCDあったなんて知らなかった。当時全く知らなかったのが悔しい。

気長に探します。

 

 

 

 

 

 

 

 

華は褥に咲き狂う 宮緒葵

小山田あみ先生のイラスト目当てにずっと前に買ったまま積読していた「華は褥に咲き狂う」を読了しました✨

いや、もう本当にどれだけ積んでいたのか・・・どこに置いたか分からなくて、本棚を整理して発掘しました。私が持っているのはガッシュ文庫の方なので2015年発行でした。そんな昔だということにびっくりしちゃった。

 

あらすじ

恵渡(えど)に幕府が開かれて百年あまり。庶出ながら奇妙な巡り合わせで八代将軍となった十八歳の七條光彬(しちじょうみつあき)は、このたび都より御台所を迎えることとなる。だが嫁いできた相手は、絶世の麗人ではあるものの紛うことなき男子だった。「お会いしとうございました、背の君」そう告げる御台――純皓(すみひろ)から本気の熱が感じられ困惑する光彬。そして迎えた初夜、純皓は巧みな手練手管で、女性嫌いで初心な光彬の身体を開いていき……? 御台所×将軍の豪華絢爛色恋絵巻開幕。
※本書は「華は褥に咲き狂う」(海王社刊)と同一の内容となります。

 

 

【感想】

時代物だから読みにくいかなぁー?と思ってなかなか読み始められなかったけど、江戸が恵渡(えど)になっていたりして独自にアレンジされた江戸時代でした。なので、時代物苦手でも読みやすかった。がっつり歴史物ではなくて和風の設定を活かして純皓(攻め)が女装したり男装したり衣装が変わっていくのを楽しめる💕

女装攻めがお話に馴染んでいるって凄い。打掛攻めは和風ならではかも?💕

「女装攻め」と聞いただけだとトンチキ物みたいだけど、お話もしっかりしていて純皓は子供の頃に出会った光彬に一目惚れして、光彬を自分の自分の物にするたには手段を選ばないのね、その手段が自分が妻として大奥に入る!ってその発想がすごい(笑)

なので、お話の前半部分を読むのがすごく楽しかった。

それから、脇キャラの咲ちゃんと門脇の恋?も進展するのかも楽しみです。咲ちゃん悪霊と間違えられてるし(笑)どうなることやら(笑)

ガッシュ文庫を買ったので宮緒先生のあとがきのあとに小山田先生のイラストもあって咲×門脇が見れました✨

 

【感想2】

 

にやりと笑う妻の顔はぞっとするほど禍々しいのに、今までで一番美しくて、光彬を甘く酔わせた。

 

 

純皓は表では気品のある言葉使いと物腰なのに閨でのギャップが凄いです。落差があって楽しい💕

次の巻も早く読みたい✨

 

 

 

 

 

跪いて、永遠の愛を誓う。 夜光花

6月は夜光花先生のお誕生日月だという事で、感想を残しておきます。

あらすじ

日常はつまらないことばかりで、何もかもが億劫だ…。橘グループの御曹司、雄太はその恵まれた環境に甘え、毎日を好き放題に遊び回っていた。そんな雄太を連れ戻しに来るのが父の秘書、古家孝彰。雄太は、冷たくいつも取り澄ましているこの男が大嫌いだった。2人は従兄弟だが、孝彰が同性愛者だと知った時から、雄太は孝彰を避けるようになった。同じような、家が金持ちの連中と粗悪な遊びを行い、ついに最悪な事件を起こしてしまう…。追い詰められた雄太を救えるのは結局孝彰だけだった。だが孝彰は事件を隠蔽する代わりに雄太にとって最も屈辱的な要求をしてくる…。衝突する激情と異常なまでの執着心。愛と下剋上の物語。

 

 

 

 

【感想】

執着心の強い眼鏡攻めさんが、生意気なクソガキを躾しなおす話でした。

受けの雄太は社会人だけど、金持ちのボンボンなのを良いことに遊びまくっている放蕩息子でもう大人なのに中身はクソガキのまま(笑)

身体だけ大人になったような感じで考え方も甘い。

だからいつもの悪ふざけで仲間と集まって酒に溺れるは薬はやるは、挙句に殺人・・・・・!?この主人公のクソガキさについていけなかったら読むのが難しいかも・・・・・・?

ある事件を起こしてそれが原因で攻めに弱みを握られるハメになり、二人が下剋上の関係になるのは雄太の自業自得なので、割と酷い目に遭うんだけど読んでて心が痛むこともなかった(笑)

あと私はメガネは攻めが好きなので萌えました💕

あとがきの奈良先生のイラストでは作中に出てきた〇〇が見れてホッとしました。

生きてて良かった。

表紙はとてもハードなエロがありそうに見えるけどサスペンス

というか、冒頭の事件と主人公の更生がメインなのでそんなにエロエロではないです。中盤~の方が話に入り込み易かったです。

夜光先生は大好きで本は良く買うけど積みがちなので、そろそろ本格的に消化していきたいです。

最近読んだモノクローム・ロマンス文庫4冊。

今日は本を読む時間が取れなくてサクッと読めそうなお話を探していて、久しぶりにモノクローム・ロマンス文庫を読みました✨

電子で出版されているお話なので、キンドルで買いました。価格も短編なので220円とお財布に優しかった。

 

 

 

あらすじ

自らの命をかけて少女を救った救命士のアンドリュー。その場に居合わせた記者のポールは取材を続けているうち、彼がゲイだと気づく。「当たり前のことをしただけだ」と答える彼に、ポールは次第に惹かれてゆく――。

 

 

 

 

【感想】

60ページなので、すぐ読める。それなのに萌えはギュッと詰まっていてとても良かったです。

アンドリューが少女を救い出す場面の門野葉一先生のイラストは美しすぎて目を奪われます✨

記者のポールの取材を受けたことがきっかけで交流が始まって、お互いの家族や職場の人たちとの人間模様も書かれています。

アンドリューは職場にも、家族にもカミングアウトしています。

ポールは職場にも家族にもカミングアウトしていません。

 

 

 

 

 

 

家族や職場にカミングアウトしているか、カミングアウトしていないのかでは、これからの生き方が大きく変わってきます。カミングアウトしている人とカミングアウトしていない人では同じように振舞うことはできないので、どうしてもどちらか一方が傷ついてしまう場面だってある。だからアンドリューとポールはお互い相手に興味はあるけれど簡単には付き合えない。

男社会の記者の世界でカミングアウトできないポールは悩みます。

記者としてポールがどう生きるか、恋愛面でも家族にカミングアウトするのか?ということに焦点が当てられていて、仕事と恋愛って分けて考えれば答えがでるように見えて、実際は人生において仕事と恋愛って綺麗に分けきれるものじゃないんだって、改めて考えながら読了。

 

 

 

 

メディアに作り上げられたイメージを演じるつもりはないって言っていたアンドリューが最後あの形で自分の意志を世間に示していて、凄く格好良かった。

知識がなかったので、全部読み終わってから表紙イラストを見たらウルっとしてしまう。こういう社会的な要素を取り入れてあるお話って現実感もあって自分はどうするんだろう?とかいろいろ考えさせられるから面白いなぁと思いました。海外の作品に流れる空気感みたいなものがとても好きなので、モノロマは文庫大好きです。

 

 

 

 

【感想2】

60ページくらいで萌えとお話と恋愛を上手く組み合わせることってできるんだ!?と目から鱗が落ちました。短編小説もたくさん読みたくなりました✨

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モノクローム・ロマンス文庫2冊目。

昨日、「理想の肖像」を読んで面白かったから、もう一冊読みたくなって、1日一冊でいいじゃん?今月の本代2000円で収めるつもりなのに?って一瞬考えたけど短編だからもう一冊読んでもいいよね?短編だからすぐ読めるし。っていう衝動に負けたのでまたキンドルで買ってしまった。アマゾンポイント使ったからいいよね??

 

あらすじ

みな絶望に押しつぶされそうな大恐慌のNY、新聞記者のウィットは安宿でピカピカの靴を履いた男・ピーターと出会う。家具が持ち出された屋敷での一夜限りの遊びだったのだが――。

 

 

【感想】

あらすじだけ読んで心を削られそうな予感がしたけど、いい意味で予想が外れてました。大恐慌の荒んだNYの中に温かい光が差すようなお話でした。大きな事件は起こらないけどウィットとピーターの間に流れる空気が優しくなっていくのにしたがって、読んでるこちらもふわ~として、ラストまでの流れを一気に読める。暖かくて爽やかなラストでした。まるで映画を観ているような気持ちで読み切りました。

あと、翻訳の文章がとても読みやすかったのですらすら読めました。

 

 

 

 

モノクローム・ロマンス文庫三冊目。

あらすじ

記者のポールは、クラブの楽屋でマシューというドラァグクイーンにインタビューする。大柄で毛むくじゃらのマシューは18歳の時から30年近いドラァグクイーンのキャリアを持ち、エイズ対策に100万ドル近い寄付金を集めている。そのモチベーションは、とたずねられたマシューは、昔の恋の話を始めた。1980年代、それは甘く苦しい運命の恋だった。

 

 

 

【感想】

久しぶりにモノクローム・ロマンス文庫の短編を読みました。

あらすじに書いてあるようにエイズが絡んでくるので、終盤はとても悲しい。

だけど十代のふたりの青春と恋に揺れ動く心の動きが繊細で好き。

前半がとってもキラキラしている。

短編だけど長編を読み終わったかのような充実感で読了。

 

 

 

パトリックの顔が離れ、俺はぎくりと目を開ける。だが彼の表情はとても優しくてー――――俺の心の、まだ奪われていなかった部分までもが彼の虜になる。

 

 

キンドルで198円で売ってるので、キンドル使っている人は絶対一回読んでみて欲しいです。

 

 

 

 

 

モノクローム・ロマンス文庫4冊目。

あらすじ

あの男が脱獄した。かつてパーカーを騙し、パーカーのすべての誇りを、世間からの評価を、友人を、他人への信頼を叩き壊し、命までも奪いかかった殺人者が。身を隠そうとするパーカーに、口数少ないスタッグ警部補が護衛として付き添い、二人は山荘へと向かうが……。

 

【感想】

ジョシュラニヨン先生らしく、サスペンス調。脱獄したサイコパスな犯人に追われる主人公。スタッグ警部補と山荘で二人きりの生活が始まるけれど、BLっぽい甘さの少ないお話。人生の殆ど全てを掛けて救い出したリッキーに裏切られて、心がボロボロのパーカーが切ない。

スタッグ警部補との恋はまだ動き出したばかりで、この二人がどんな風に関係を深めていくのかもっと見てみたい。

門野葉一先生の描くキスシーンのイラストが最高にカッコイイ✨

 

 

オメガの乳雫 バーバラ片桐

久しぶりにオメガバ作品読みたくなって最初から最後まで再読。

溺愛系のオメガバは甘くて可愛くてなにも考えずにお話に浸れていいです。マンゴー食べたい✨

あらすじ

ベータからオメガに突然変異した瑛斗は、
発情に流され、会社の重役のアルファとHしてしまう。
しかも感じると、瑛斗の乳首からミルクが出てきて!!
「お前が触るから、恥ずかしい乳首になった」と
憤る瑛斗とは反対に、
「たくさん乳首を刺激して、君をもっと開花させよう」
初Hの相手・慶一郎はとても嬉しそうで――。
波乱の予感。
瑛斗にとって大迷惑な溺愛生活が始まる!?

【感想】
奈良先生のイラストが好きで表紙買い。(ガーターベルトって良いよね💕)
奈良先生の今の絵柄もすごく好き💕
タイトルの文字のインパクトも凄い。「乳雫」って✨トンデモ系っぽいのにオメガバなので自然に馴染んでいる✨ミルクを採取する目的で同棲開始って言うとギャグっぽく聞こえるけど、お話は瑛斗の家庭環境も絡まって甘々の溺愛なんだけどシリアス寄りでした。
瑛斗の心に空いていた隙間に慶一郎の優しさが染み込んでいく💕今までの瑛斗の生活の中にはなかった優しさに触れて満たされていくのですよ💕
オメガバなので巣作り描写もあったりして可愛かった💕(奈良先生のイラスト付きで💕)
ラヴァーズさんなのでエロ度は高め。でも最後まですらすら読めちゃいました。
現実に疲れたときや重いお話に疲れたとき、何も考えずに癒されたいときにお勧めです。
 
 
 
 
 

 

恋のしっぽをつかまえて モノクローム・ロマンス文庫

モノクローム・ロマンス文庫にハマっています。

あらすじ

とびかう会話とジン、カメラのフラッシュ、半裸のバーテンダー。 狂乱のギャラリーでのパーティの翌日、従業員のシーザーが目撃したのは、解除されたセキュリティ・システム、消え失せた1万5千ドルの胸像。そして腕時計を「あそこ」に巻き付けられて全裸でトイレに転がる、売り出し中の俳優で元恋人シェプの姿だった!! いったい何が起こってる!? 混乱するシーザーはうさんくさくも魅力的な探偵・ダンとともに調査にとりかかるが――!? NYアートギャラリーが舞台のセクシー・コメディ!!

【感想】

えすとえむ先生のイラストが好きなので表紙買い✨

パーティー会場から物語が始まるので、登場人物の人数が多い。

主人公の周りの人も多い。しかもそれぞれが最後の方までちゃんと出てくるので、消えた胸像の謎が解けるまで、誰と誰が喋っているのか見失わないように何度も登場人物の紹介を確認しながら読了。ハイテンションラブコメでした。

主人公の元彼が会場にいることで話を複雑にしていた(笑)

最後まで読んだ後は冒頭のパーティの場面を読み返したくなりました(笑)

事件解決しなきゃいけないのにセクシーな場面もちゃんと入ってるよ。

自然にキャラのテンションが切り替わるところが、洋画っぽかった。

映画を観ている気分で読了。

ノロマを読むのはこれで4作目だけどこのお話が一番ハイテンションで楽しかった。えすとえむ先生に漫画にして欲しい✨

 

 

 

海外の小説だから登場人物が多い。

主人公、仕事場の上司、従妹、元カレ、仕事先の人・・・

このお話は消えた胸像の謎を解くのがメインなので周りの人の怪しげな行動を見失わないように読み進めるのが忙しかった(笑)

だってみんな一癖あって、全員怪しい(笑)

BL描写もそんなに濃くはなかった。でもところどころでしっかり?コメディとしては入ってくるので(笑)物足りない感じはしないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

海外の小説は主人公にも生活感があって恋愛だけが話の全てにはなっていないところがすごく好きです。恋愛より仕事が忙しいときもあるし、出会いも偶然王子様のような人が現れるのではなく、主人公の仕事先や友達や友達の従妹だったり、現実的なところでの出会いが多いのもリアリティがあって好。きです。

現実で誰かと出会いたかったら自分の行動範囲を広げて知り合いを増やすか、友人や家族の知り合いとか自分を中心にしか増えないし。

フィクションだけど海外物の主人公は基本的にリア充なので、毎日仕事も恋愛も忙しそうでそういうところが楽しそうでいい。給料の良いところに転職したいって思いながらも、今の仕事の上司嫌な奴じゃないし、友達もいて恋人もいてって最高だよね。

シーザーの人生が楽しそうで面白かった。

シーザーと友達になってみたい。

 

 

 

 

残りのモノクローム・ロマンス文庫も読み進めていきたい。

 

ダラス・バイヤーズクラブ

アマプラに入ったので映画をたくさんみようかなーと思って、映画公開されたときに観に行けなかったダラス・バイヤーズクラブを観ました。

アマプラで観たけどこれは有料レンタルで400円でした。

レンタルだと借りれる期間は一週間あるけど、一度再生すると視聴できるのは48時間なので、もう一度見たいときは連休の日じゃないと厳しいかも。

 

 

 

 

 

 

あらすじ

ダラス・バイヤーズクラブ』とは、2013年のアメリカ映画で、エイズ患者ロン・ウッドルーフの実話をもとに描いている。仕事中の事故で病院に搬送されたロンは、検査の結果、エイズで余命30日と宣告される。彼は独自にエイズについて勉強し、アメリカで未承認の薬を海外から持ち込んで会員に提供する会社「ダラス・バイヤーズクラブ」を立ち上げる。監督はジャン=マルク・ヴァレが務め、主人公のロンをマシュー・マコノヒーが演じ、ジャレッド・レトジェニファー・ガーナーらが共演した。

 

【感想】

主演のマシュー・マコノヒーが役作りで20キロの減量をしたという情報だけで観たいと思った映画だったのであらすじも何も調べずに見たのだけど、20キロも減量したのも凄いことだけど、そんな表面上の事だけじゃない凄さがあった。マシュー・マコノヒーはイケメンだけど、イケメンに見えないの。

退廃的な生活の中で酒と女とギャンブルに明け暮れるカウボーイで、不摂生な生活で瘦せこけて荒んだ空気を纏った男の人だったの。それが、エイズで余命が30日と宣告をされてから、生きるために戦い出すの。急に人が変わったかのように自分で治療薬を探し始めて治療法の研究を始める。余命は30日でもいろんな国々を飛び回るの。退廃的な生活を送っていた男とは思えないほど、ある意味では真面目になってくし、ビジネスパートナーや主治医の女医さんと関わっていくうちに誠実で優しい人物に変わっていくのが自然と描かれていて、最初は荒んだ人物に見えていたのに、どこからこんなにいい人っぽく変わっていったのか分からないの、それすごく不思議。

この物語はエイズ患者の悲しくて辛い闘病記じゃなく、生きる意味を見出した男の話で、主人公のロンは生きる目的を見つけてから、体は病に蝕まれていても力強く前に進み続けていて、見ていると少し切ない気持ちにもなるけど、とても爽やかな気持ちになれるお話だった。

アマプラでレンタルしたから48時間しかなくて、2回しか観れなかったけどまだ何回も観たいので円盤買う!

【追記】

ドラマチックに描かれているから完全にフィクションだと思っていたら、実話を基にしたお話だったという事を後から知ってビックリ。

 

【追記2】

主人公のシュー・マコノヒーの吹き替えが藤原啓治さんでした。